Category Archives: 服飾

時の結晶

どれだけ技術や効率性が進歩しても、人は時間を積み重ねることでしか生まれ出ないものに対しての畏敬の念を禁じ得ない。   気が遠くなるほどの手間と時間を掛けて作られるものに宿る美しさは、必然や予定調和というものを超… Read More »

よき靴/うつくしい靴

  靴をずっと探していました。 それも出来る限り美しい靴を。   ある時、出張先の街中で、ひとりの女性を見かけました。 その方は佇まいから姿勢まで、どこか凛とかっこよく、かといって嫌味のない雰囲気をも… Read More »

知る

    知るということは得ることと失うこと。   知ることで生まれるもの 知ってしまったが故に生み出せなくなるもの 知ることで受け入れれるもの 知ってしまったが故に受け入れれなくなるもの 知… Read More »

継ぐ、接ぐ

実は先日、京都に行ってきました。 主な目的はMITTANを主催する三谷さんのアトリエへの訪問です。   打ち合わせに行ったのですが、その理由はまた、おいおいに。お楽しみに。     さて、そ… Read More »

成り立ち

  生地を、鋏を使わず手で裂き、幾重にも重ねて補強の為のステッチを奔らす。   荷重のかかる持ち手や底にはまるで叩き補修のように夥しいほどの仕事の跡。   単純作業の繰り返しとその積み重ねな… Read More »

伝えきれないという伝え方

  MITTANからいくつかのものが届きました。待望でしたね。     それらを目の当たりにし、触れて、纏い、風に靡かせ、光にかざし、影を視て、写真に収める。 そうした結果、ちょっと僕の稚拙… Read More »

未来を賣る店

もうすっかり秋がやってきたのではないでしょうか?   どうでしょうか?   そうであると仮定しまして、そんな移り変わりに合わせて、 お店の季節も流れていきます。   秋から冬へ。 &nbsp… Read More »