Monthly Archives: 11月 2015

2015年12月の営業予定表

2015年12月の営業予定表です。

 


 

12/11からの10日間、企画展[chartophylacia]-susuri archives-を開催します。
これまでにない数のsusuriの服たちが並びます。全国的に貴重なメンズサイズも多数です。
合わせて会期初日より、今年も一宮のパン屋さんpique-niquerの特製シュトーレンを数量限定で販売します。
詳細は後日またブログ内でもお知らせしますが、本日より店頭、お電話、メールにて(※SNSからのご予約は不可)、ご予約を受け付けております。→※参照

 

あの味が忘れられない方々、まだ食していない方々、是非お試しください。
 

※年内最終営業日は28日です。
 

[ chartophylacia ] – susuri archives -

 

chartophylacia

チャートフィラシア

中世ヨーロッパの教会において、重要な記録や貴重な書物などを保管する場所を示す言葉のようです。
 

誰にでも開かれた祈りの場のそのずっと奥に、
人目に触れず、ひっそりと佇む保管庫に眠る大切な記憶とは一体どのようなものなのか。
 

覗いてみたいと思いませんか?
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

12/11から20までの10日間、

[ chartophylacia ]と題し、ブランドに眠るアーカイブストックを集めた展示・販売会を開催します。
 

第一回目の今回は、AUTHORの始まりからご紹介させていただいている、
「susuri」さんにご協力いただき、過去のコレクションを振り返ると共に、
今となっては貴重なアーカイブストックを実際にお手に取ることが出来る機会をご用意することができました。
case.1 susuri archives
 

改めて見ても、色褪せる事がない質の高いクリエイションに触れることで、
新旧関係なく、また新たな価値観と出逢える機会となれればと思います。
 

お店では完売してしまったもの、未入荷だったものも含めてお見せできると思います。
 

今後、随時その詳細をお知らせしていきます。
 

お楽しみに。
 

SCENE.11

AUTHOR
2015A/W
SCENE.11
 
 

 

 

 

coat : R&D.M.CO-
shirt : AULICO
pants : MITTAN
 
 

 

 

coat : OLDMAN’S TAILOR
knit : susuri
pants : 山内
 
 

 

 

 

coat : OLDMAN’S TAILOR
knit : susuri
pants : 山内
cap : FARMERS MARKET-iceland
 
 
 
気になられたアイテムがございましたら、
色やサイズ、プライス等お気軽にお尋ねくださいね。
 
 
下記リンクページでもよければご覧ください。
 
スタイリングページ→ “SCENE”
アイテムリストページ→ “clothing” “accessories”

 
 
 

やっぱり好きです

 
晴れたので昨日引き取ってきた古い物を掃除していたら、
AULICOさんからウールヘリンボーンのロングシャツが届きました。
 
ちょっとくたびれてきていたので片付けそっちのけでブログを書いています(書きました。)
 
 

 
 
くたびれているので、抽象的な表現全開でいくのですが、
なんかとても良くて、とても色々と丁度いいです。
 
思わずアウリコさんに「これすごい良いです!」と電話してしまったくらいです。
お忙しいところすいません、、、。
 
 
カタチのことをもう少し具体的にいうと、
欧州ビンテージにありそうな、軍物のメディカルスモックのような、
ガボッとたっぷりとしたカタチです。
伝わる方には伝わるかもしれません。
 
 


 

 
 
襟周りから袖まで直線のパターンで、ぐるりとギャザーが寄せていて、
着用するとその人の骨格にすとんと馴染むので窮屈さがないですし、
身幅が余って大きいみたいな感じにもならないと思います。
 
そのようなカタチなのでサイズ感があってないようなもので、
一応サイズはワンサイズのみなのですが、比較的いろんな方に着てもらえると思います。
 
あとは腕の長さですが、僕くらいでちょうどいいという感じですが、
袖口もギャザーでキュッと締めてあるので、女性がお召しになられても非常に良さそうです。
もちろんラフにたくし上げてもらっても。
 
釦は藍染師のアウリコさんらしく深いインディゴブルーです。
 

 
 
あと、何が色々と丁度いいかというと、
ふんわり柔らかくて、でもちょっと土臭いかんじのウールヘリンボーン生地が、です。
 
なかなかに寒くならないので、今はこのくらいのシャツを軽い羽織として使ってもいいですし、
かと言って厚すぎず柔らかい生地なので寒くなったらカーディガンの代わりのような、
セーターの代わりのような感覚でインナーとアウターの間に差し込んでもいいんじゃないかと。
 
シャツ!!っていうい感じでもないので、着込んだ時にアームホール周りがかさばったり、
カッチリ着込んでいるような印象にならないのが丁度いいです。
 
メンズではこういうものはなかなか少ないんですよね。
 
 
既成概念にとらわれず着る人の感覚にゆだねる、いい意味で存在としてあやふやな服を作ってくれるAULICO。
 
だから、好きなんですよね。
 
 
なんかまとまらないあやふやな文章ですいません。
なにせくたびれているので。
 
さて、もうひと掃除します。
 
 
商品掲載ページ→”clothing”


 
 
 

SCENE.10

AUTHOR
2015A/W
SCENE.10
 
 

 

knit : FARMERS MARKET-iceland
shirt : niuhans
pants : niuhans
 
 

knit : FARMERS MARKET-iceland
 
 

 

knit : niuhans
cap : niuhans
 
 

knit : MITTAN
cap : FARMERS MARKET-iceland
 
 

 

coat : AU GARCONS
shirt : niuhans
casquette : R&D.M.Co-/OLDMAN’S TAILOR
 
 
 
気になられたアイテムがございましたら、
色やサイズ、プライス等、お気軽にお尋ねくださいね。
 
あと、店主の表情が浮かないのは口内炎のせいなので
それに対してのご質問、クレーム等はご遠慮ください。
 
スタイリングページ→ “SCENE”
スタイリングアイテム→ “clothing” “accessories”
 
それぞれでもご覧になっていただけます。
 

 
それでは。
 

lopi

 

 

遠く遠く、北の島国で生まれたセーターが届きました。
 
 



 
 
アイスランドの伝統的な柄をあしらった手編みのセーターです。
 
 
ローゲージのしっかり太い毛糸で編まれていますが驚くほどに軽いのです。
 
アイスランドの羊たちはその昔、ノルウェーからの入植以来、多種との交配がされず原種を保っているようで、
さらに国土の一部に北極圏がかかる同国、羊もきっと寒かったのでしょう、、、気候に適した独自の進化を遂げたようです。
 
その繊維はメリノ種のそれとは違い、内部に気泡を含みまるで竹の幹のような構造になっています。
その為軽くて暖か、また糸に弾力がある為繊維としての強度にも優れています。
収穫量はわずかな為に高級毛として珍重されています。
 
また、その毛糸の構造も特徴的でほとんど撚りを加えずに糸にしています。
その為、繊維だけではなく糸自体も中空構造の為にこれまたふっくら軽くあたたかいのです。
 

その毛糸はlopi(ロピ)といい、その毛糸で編まれたアイスランドのセーターはロピセーターと呼ばれ、
老若男女問わず長い冬を過ごすための必需品として愛されています。
 

 

 

 
好きなアイスランドのアーティストの故郷でのライブ映像をみたことがあるのですが、、、
谷合の草原で焚火を囲みながらその演奏を観る人々、小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃん。さらにはステージ上の演者まで。
 
本当に世代を問わずにロピセーターを着ていました。
 
吹けば消えるような流行りのファッションとしてではなく、ほんとうにその土地に根差した民族の服としての存在。
同じ島国でも日本ではみられない光景だなと感じました。
 
 
その”温かさ”を感じてもらえたらなと思います。
 

SCENE.9

AUTHOR

2015A/W

SCENE.9
 
 
 


 


 


knit : niuhans
skirt : niuhans
 

 


 


 


knit : niuhans
pants : TOKIHO
sox : ヒムカシ製品
 
 


 


 


 


one-piece : さざなみ
stole : MITTAN
coat : Koton
 
 


 


 


 


coat : susuri
knit : MITTAN
pants : niuhans
 
 

 

気になられたアイテムがございましたら、色やサイズ、プライス等、
また、一部を除いて女性男性共にサイズ展開がございますので、
合わせてお気軽にお尋ねくださいね。
 

 

スタイリングページ→ “SCENE”
スタイリングアイテム→ “clothing” “accessories”

 

それぞれでもご覧になっていただけます。